05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
PROFILE
SEARCH
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
【QUICKFIX】 FX自動売買への道 16 【通信系の試験(正常系)】
基礎的な準備が整ったので証券会社から渡されてる試験をしてみる
渡されてる試験は
 ・通信系
 ・情報系
 ・注文系
の大きく3つ種類

まだ情報系も注文系も作ってないけど、基礎となる通信系はクリアしておきたい
 
続きを読む >>
まこ | FIX | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
【QUICKFIX】 FX自動売買への道 15 【受信メッセージをとりあえず受ける口を作る】

プログラムに組み込んでいないパターンのメッセージを受信すると
こちらから < j > Business Message Reject とかを送っちゃったりするので、
今後受信する可能性のあるメッセージをとりあえず受け取るようにしときます。
 
続きを読む >>
まこ | FIX | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
【QUICKFIX】 FX自動売買への道 14 【独自テーブルへのINSERT&SELECT】
Application.cpp からレート情報やらポジション情報やらを
DBに保存したり読み出したりするためのDB接続操作関連の機能を追加しときます。



 
続きを読む >>
まこ | FIX | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
【QUICKFIX】 FX自動売買への道 13 【Application.cpp の分割】
FIXのメッセージに対応するために、Application.cpp に TestRequest<1> や Trading Session Status<h>を
組み込んできましたが、今後新しいメッセージに対応する度にどんどん追記すると
ファイルが肥大化しちゃうのでメッセージごとにソースを分割しときます。

 
続きを読む >>
まこ | FIX | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
【QUICKFIX】 FX自動売買への道 12 【Trading Session Status の組み込み】
デモ環境へ接続するとサーバから Trading Session Status <h> が送られてきました。

< h > をちゃんと処理できるように組み込みしときます。
 
続きを読む >>
まこ | FIX | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
【QUICKFIX】 FX自動売買への道 11 【デモ環境への接続】

TestRequest も組み込んだので、いよいよ証券会社(FX会社?)のデモ環境に接続してみます。

でも、QuickFIX単体では暗号化通信に対応していないようなので、先人たちの知恵を拝借して
stunnel を使うことにします。
 
続きを読む >>
まこ | FIX | 01:07 | comments(1) | trackbacks(0) |
【QUICKFIX】 FX自動売買への道 10 【注文について】
注文(Order)についてまとめ

とりあえず以下の注文について、メッセージを作成するための情報まとめ
種別は OrderType(40)で指定する
・40=C Market(成行) 注文時点のマーケット値段で約定
・40=F Limit(指値)  指値での約定
・40=T Slippage(スリップ指定) 指値だけどSlip許可
・40=3 Stop-Loss(ストップ成行) ストップ値を超えると成行注文
・40=4 Stop-Limit(ストップ指値) ストップ値を超えると指値注文
・40=V Trailing Stop(トレール) いわゆるトレール注文(自動値追い注文)

OCO や IFD 、IFD-OCO については別でまとめる

※ 通常 Market は OrdType(40)=1 かもしれないが、契約した会社では 40=C で受け付ける模様
 
続きを読む >>
まこ | FIX | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
【QUICKFIX】 FX自動売買への道 9 【TestRequestの組み込み】

前回まででログインの基礎ができているので、いよいよメッセージを組み立てて送受信する部分の実装に入ります。

前回までの流れ:
 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 1 【とりあえずサンプルを動かす】
 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 2 【アカウント追加(エラーサンプル)】
 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 3 【アカウント追加(正常系)】
 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 4 【設定ファイルの読み込み】
 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 5 【Logon時にPassword(554)を追加】
 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 6 【MySQLにメッセージログを保存】
 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 7 【メッセージログの送信と受信を正確に】
 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 8 【サンプルから不要部分を削除】

 
続きを読む >>
まこ | FIX | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
【QUICKFIX】 FX自動売買への道 8 【サンプルから不要部分を削除】

QuickFIX のサンプルアプリケーションには色んなバージョンに対応できるように冗長な?部分がたくさんあります。
が、今回は FIX4.4 だけに対応してればよいわけで、不要な部分や使わないところをごっそり削除しちゃいます。

 
続きを読む >>
まこ | FIX | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
【QUICKFIX】 FX自動売買への道 7 【メッセージログの送信と受信を正確に】

前回、メッセージログをMySQLに保存しましたが、送受信がごちゃ混ぜに入っていて後々の解析時に困りそうな気がするので、保存部分を改造することにしました。

 
続きを読む >>
まこ | FIX | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
2/3PAGES | << >> |