03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
PROFILE
SEARCH
RECENT COMMENT
  • 【情報】Excel で スクレイピング 【ぶっこ抜き】
    縫部尚登 (06/17)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/05)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    まこ (05/05)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/04)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/04)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/04)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/03)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    まこ (05/03)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/03)
  • エクセルファイルのパスワードを忘れたら・・・
    里奈 (09/09)
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< ffmpeg+libx264+libfaac の static ビルド | top | 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 1 【とりあえずサンプルを動かす】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
【画面なし】 VirtualBox を CUI でインストールして VRDP 接続できる仮想マシンを作る 【VRDP】

画面(モニタ)のついていない CentOS サーバに VirtualBox をインストールして
CUI だけで仮想環境を作り、Windows 端末から VRDP に接続して 仮想環境に Windows サーバを構築します



・・なんだかとってもめんどくさい感じですが、これをやる必要が出てきたので手順をメモメモ。。
 

ホスト側の CentOS は構築済みとして書きます。

ちなみに、VRDPは VirtualBox の仮想コンソールを RDPするものです。
RDPは、Windowsのリモートデスクトップで接続するあれです。


■手順
1.DKMS インストール
2.VirtualBox リポジトリの追加
3.VirtualBox インストール
4.VirtualBox 拡張パックインストール
5.仮想マシンディレクトリ作成
6.仮想マシンOSタイプ確認
7.仮想マシンの作成
8.仮想マシンの設定(CPU、メモリ、VRAM)
9.仮想マシンの設定(ネットワークカード)
10.仮想HDDの作成
11.仮想ストレージコントローラの作成
12.仮想HDDの組み込み
13.インストールDVDイメージの組み込み
14.VRDPの設定
15.仮想マシンの起動(ディスプレイなしモード)
16.VRDP接続

17.エクスポート

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.DKMS インストール
epel から yum でさくっと

# yum --enablerepo epel  install   dkms

こいつを入れておかないと、後でアップデートの際に苦しむことになるらしいので入れときます。
いろいろ足りないと言われたら開発環境とか kernel-devel とかも yum しとくべし!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.VirtualBox リポジトリの追加
yum の リポジトリを追加しときます

# cd /etc/yum.repos.d
# wget  http://download.virtualbox.org/virtualbox/rpm/el/virtualbox.repo
# vi virtualbox.repo
     enabled=0

追加後は勝手にアップデートしないように enabled を無効にしておきます


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.VirtualBox インストール
yum でどんなバージョンがインストール可能かを確認して

# yum --enablerepo virtualbox search virtualbox
VirtualBox-3.2.x86_64 : Oracle VM VirtualBox
VirtualBox-4.0.x86_64 : Oracle VM VirtualBox
VirtualBox-4.1.x86_64 : Oracle VM VirtualBox
VirtualBox-4.2.x86_64 : Oracle VM VirtualBox

VirtualBox-4.3.x86_64 : Oracle VM VirtualBox
# yum --enablerepo virtualbox install -y VirtualBox-4.3

最新の 4.3 を install です


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.VirtualBox 拡張パックインストール
VRDP を利用するには拡張パックが必要なので、サイトで最新版を確認してダウンロード

# wget http://download.virtualbox.org/virtualbox/4.3.14/Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-4.3.14-95030.vbox-extpack
# VBoxManage
extpack install Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-4.3.14-95030.vbox-extpack

ダウンロードしたファイルを管理コマンドでインストールします。

インストール後はきちんと組み込まれているかを確認

# VBoxManage list extpacks
Extension Packs: 1
Pack no. 0: Oracle VM VirtualBox Extension Pack
Version:
4.3.14
Revision: 95030
Edition:
Description: USB 2.0 Host Controller, Host Webcam, VirtualBox RDP, PXE ROM with E1000 support.
VRDE Module: VBoxVRDP
Usable: true
Why unusable:

 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.仮想マシンディレクトリ作成
仮想マシン関係のファイルを保存するディレクトリを作成

 

# mkdir /mnt/sde1/vbox
# cd    /mnt/sde1/vbox

作成ディレクトリに移動しておく


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
6.仮想マシンOSタイプ確認
作成可能なOSタイプを確認

# VBoxManage list  ostypes | grep 2008
    ID:          Windows2008
    Description: Windows 2008 (32 bit)
    ID:         
Windows2008_64
    Description: Windows 2008 (64 bit)
 

今回は Windows2008サーバをインストールするので、2008関係のタイプを確認


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
7.仮想マシンの作成
仮想マシンの作成
マシン名: 2008
OSタイプ: Windows2008_64

# VBoxManage createvm             ¥
    --name
2008                   ¥
    --ostype 
Windows2008_64      ¥
    --register                    ¥
    --basefolder /mnt/sde1/vbox/

Virtual machine '2008' is created and registered.
UUID: 48aab1f8-491e-4a60-83b4-8429410bf7c0
Settings file: '/mnt/sde1/vbox/2008/2008.vbox'

 


作成ファイルを確認しておく

# find . -ls
    38010881    4 drwxr-xr-x   3 root     root         4096  7月 21 10:10 .
    38010882    4 drwx------   2 root     root         4096  7月 21 10:10 ./2008
    38010884    8 -rw-------   1 root     root         5973  7月 21 10:10
./2008/2008.vbox


作成した仮想マシンの確認

# VBoxManage  list  vms
    "
2008" {48aab1f8-491e-4a60-83b4-8429410bf7c0}
# VBoxManage 
showvminfo  2008 > 001

後の変更を確認するために 仮想マシンの状態を表示して 001 ファイルに保存しておく


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
8.仮想マシンの設定(CPU、メモリ、VRAM)
CPUを4コアに、メモリを4G(4096MB)に設定

# VBoxManage modifyvm 2008 --cpus 4  --memory 4096
# VBoxManage showvminfo 2008 > 002
# diff 001 002
9c9
< Memory size: 128MB

< Number of CPUs:  1
---
> Memory size: 1024MB

> Number of CPUs:  4

変更点もきっちり確認

VRAMを32MBに設定

# VBoxManage modifyvm 2008 --vram 32
# VBoxManage showvminfo 2008 > 003
# diff 002 003
11c11
< VRAM size: 8MB
---
> VRAM size: 32MB

これの変更点もきっちり確認


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
9.仮想マシンの設定(ネットワークカード)
今回はブリッジ接続を行うので、利用できるリソースを確認

# VBoxManage list bridgedifs
Name:
eth0
GUID: 30687465-0000-4000-8000-485b397f568c
DHCP: Disabled
IPAddress:
192.168.1.200
NetworkMask: 255.255.255.0
IPV6Address:
IPV6NetworkMaskPrefixLength: 0
HardwareAddress: FF:FF:FF:7f:56:8c
MediumType: Ethernet
Status: Up
VBoxNetworkName: HostInterfaceNetworking-eth0

どうやら eth0 でブリッジできるようです

NIC1として eth0のブリッジインタフェースを作成します

# VBoxManage modifyvm 2008 --nic1 bridged --bridgeadapter1 eth0
# VBoxManage showvminfo 2008 > 004
# diff 003 004
< NIC 1: MAC: 080027D89651, Attachment: NAT, Cable connected: on, Trace: off (file: none), Type: 82540EM, Reported speed: 0 Mbps, Boot priority: 0, Promisc Policy: deny, Bandwidth group: none
< NIC 1 Settings: MTU: 0, Socket (send: 64, receive: 64), TCP Window (send:64, receive: 64)
---
> NIC 1: MAC: 080027D89651, Attachment: Bridged Interface '
eth0', Cable connected: on, Trace: off (file: none), Type: 82540EM, Reported speed: 0 Mbps, Boot priority: 0, Promisc Policy: deny, Bandwidth group: none

 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
10.仮想HDDの作成
仮想マシンのWin2008サーバの Cドライブになる HDD を 50Gで作成します

 

# VBoxManage createhd --filename /mnt/sde1/vbox/2008/2008.vdi --size 50000 --format VDI 0%...10%...20%...30%...40%...50%...60%...70%...80%...90%...100%
Disk image created. UUID: 93afb4d6-3da7-4680-b325-956247104c88


作成されたファイルの確認

# find 2008 -ls
38010882 4 drwx------ 2 root root 4096 7月 21 10:30 2008
38010889 200 -rw------- 1 root root 2097152 7月 21 10:30 2008/
2008.vdi
38010887 8 -rw------- 1 root root 6109 7月 21 10:22 2008/2008.vbox-prev
38010888 8 -rw------- 1 root root 6159 7月 21 10:27 2008/2008.vbox

 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
11.仮想ストレージコントローラの作成
SATAのストレージコントローラを作成

 

# VBoxManage   storagectl  2008  --name  2008_sata1  --add sata  --bootable on

 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
12.仮想HDDの組み込み
作成したストレージコントローラを利用して、仮想HDD(50G)を仮想マシンに組み込みます

 

# VBoxManage storageattach 2008 ¥
    --storagectl
2008_sata1 ¥
    --port 1                ¥
   
--type hdd              ¥
    --medium /mnt/sde1/vbox/2008/
2008.vdi
#
# VBoxManage showvminfo 2008 >
005
# diff 004 005
> Storage Controller Name (0): 2008_sata1
> Storage Controller Type (0): IntelAhci
> Storage Controller Instance Number (0): 0
> Storage Controller Max Port Count (0): 30
> Storage Controller Port Count (0): 30
> Storage Controller Bootable (0): on
>
2008_sata1 (1, 0): /mnt/sde1/vbox/2008/2008.vdi (UUID: 93afb4d6-3da7-4680-b325-956247104c88)


ちゃんと組み込まれてることを確認

# VBoxManage list hdds
UUID: 93afb4d6-3da7-4680-b325-956247104c88
Parent UUID: base
State: created
Type: normal (base)
Location: /mnt/sde1/vbox/2008/
2008.vdi
Storage format: VDI
Capacity:
50000 MBytes

 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
13.インストールDVDイメージの組み込み
Windows2008 R2 の評価版DVDイメージを マイクロソフトからダウンロードして組み込み

 

# VBoxManage storageattach 2008 ¥
--storagectl
2008_sata1 ¥
--port 2 ¥
--type dvddrive ¥
--medium /mnt/sde1/vbox/2008/
7601.17514.101119-1850_x64fre_server_eval_ja-jp-GRMSXEVAL_JA_DVD.iso

# VBoxManage showvminfo 2008 > 006
# diff 005 006
> 2008_sata1 (2, 0): /mnt/sde1/vbox/2008/7601.17514.101119-1850_x64fre_server_eval_ja-jp-GRMSXEVAL_JA_DVD.iso (UUID: 62dfc11a-1aff-4d6f-abb1-212c0ea92a12)


ちゃーんと組み込まれていることも確認

# VBoxManage list dvds
UUID: 62dfc11a-1aff-4d6f-abb1-212c0ea92a12
State: created
Type: readonly
Location: /mnt/sde1/vbox/2008/
7601.17514.101119-1850_x64fre_server_eval_ja-jp-GRMSXEVAL_JA_DVD.iso
Storage format: RAW
Capacity: 3131 MBytes

 

 

もし ISOファイルではなく物理ドライブを指定したい場合はこんな感じ

# VBoxManage storageattach 2008 ¥
--storagectl 2008_ide1 ¥
--port 1 ¥
--device 1 ¥
--type dvddrive ¥
--medium host:/dev/sr1

 

 

 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
14.VRDPの設定
ホストOS(CentOS側)のIPアドレスでVRDPポートを設定します

 

# VBoxManage modifyvm 2008 ¥
--vrde on ¥
--vrde
port 33389 ¥
--vrde
address 192.168.1.200 ¥
--vrdereusecon on

# VBoxManage showvminfo 2008 >
007
# diff 006 007
74c74,94
< VRDE: disabled
---
> VRDE:
enabled (Address 192.168.1.200, Ports 33389, MultiConn: off, ReuseSingleConn: on, Authentication type: null)
> Video redirection: disabled
> VRDE property: TCP/Ports = "33389"
> VRDE property: TCP/Address = "192.168.1.200"
> VRDE property: VideoChannel/Enabled = <not set>
> VRDE property: VideoChannel/Quality = <not set>
> VRDE property: VideoChannel/DownscaleProtection = <not set>
> VRDE property: Client/DisableDisplay = <not set>
> VRDE property: Client/DisableInput = <not set>
> VRDE property: Client/DisableAudio = <not set>
> VRDE property: Client/DisableUSB = <not set>
> VRDE property: Client/DisableClipboard = <not set>
> VRDE property: Client/DisableUpstreamAudio = <not set>
> VRDE property: Client/DisableRDPDR = <not set>
> VRDE property: H3DRedirect/Enabled = <not set>
> VRDE property: Security/Method = <not set>
> VRDE property: Security/ServerCertificate = <not set>
> VRDE property: Security/ServerPrivateKey = <not set>
> VRDE property: Security/CACertificate = <not set>
> VRDE property: Audio/RateCorrectionMode = <not set>
> VRDE property: Audio/LogPath = <not set>

 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
15.仮想マシンの起動(ディスプレイなしモード)
作成した仮想マシンをディスプレイなしモードで起動

 

# VBoxManage startvm 2008 --type headless
  Waiting for VM "2008" to power on...
VM "2008" has been successfully started.

started の表記があれば起動してます

 

または、こちらでも(2020/1/25追記)

# VBoxHeadless --startvm 2008

Oracle VM VirtualBox Headless Interface 5.2.34
(C) 2008-2019 Oracle Corporation
All rights reserved.

VRDE server is listening on port 33389.



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
16.VRDP接続
リモートデスクトップで、設定したアドレスを開きます


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
BIOS画面から立ち上がっていくVirtualBox の画面が表示されれば、完了です。
あとは普通?に、Windowsサーバのインストールを行ってくださいです。

Windowsサーバがきちんと立ち上がった後は、Windowsの標準リモートデスクトップを使ったほうが幸せになれると思います
VRDPはどういうわけか、マウスがズレるんですよね。。
 

 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
17.エクスポート
無事にWindowsのインストールが完了したら、いつでもインストール直後の状態に戻れるように保存しておきます。

ほかのマシンに持っていっても使えるようにするために、スナップショットではなくエクスポートです。

 

# VBoxManage export 2008  -o 2008.インストール直後.ova
0%...10%...20%...30%...40%...50%...60%...70%...80%...90%...100%
Successfully exported 1 machine(s).

ディスクサイズによって時間がかかると思います。

このコマンドで作成した OVA ファイルはそのまま他のマシンに持って行ってインポートできるので便利です。

スナップショットだと、その後の作業で差分ディスク?がどんどん大きくなってしまうのでエクスポートの方が後々楽ですね。



以上
VirtualBox を CUI でインストールして VRDP 接続できる仮想マシンの作り方でした。。

まこ | 開発 | 17:12 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 17:12 | - | - |
Comment