05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
PROFILE
SEARCH
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 【環境】EC-CUBE サイトのコピー【まるごと】 | top | ガイガーカウンター >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
【機内】バイオリンケース自作【持込】
バイオリンの機内持込み用のケースを自作してみた


 
昔はバイオリンのヒョウタン型ケースなら持ち込みできたみたい・・
だけど、規格の厳格適用?なのか、ANAの場合、55cm x 40cm x 25cm 以内にしないと、機内持ち込みにできないと説明された。
(追加座席を購入すれば問題ないともいわれました。。)
  規格のページ(国際線):http://www.ana.co.jp/int/guide/baggage_carry.html


バイオリンの長辺は約62cm
規格の55cmを大幅にオーバーしちゃってますが、短辺は約22cm
規格は40cmなので、まだまだ余裕があります。

そこで、バイオリンを斜めにして測ると・・55cm x 40cm の枠内に収まることが判明!!

市販のバイオリンケースを探しましたが、どれもオーバーしているし、段ボールで箱を作って持ち込んだ猛者がいることも励みになって..
野村聡のバイオリン万歳:http://elm-m.blog.ocn.ne.jp/violin/2010/02/post_dab7.html


無いなら作ればいいじゃない♪ 

ってことで、作ってみました。


まずはホームセンターで板を切ってもらいます。
■55cm x 40cm の板を2枚
■55cm x 7cm の板を2枚
■40cm x 7cm の板を2枚 (板の厚みを引いて384mm)
■55cm x 3cm の板を2枚
■40cm x 3cm の板を2枚 (板の厚みを引いて384mm)
(板の厚みは、8mm)

カット加工代金込みで 約 3,900円


とりあえず、バイオリンがこのサイズでちゃんと収まるかを確認


1) 板を並べて





2) バイオリンを置いてみる




すると、なんとか入っているように見えますが・・・





3) こことか、まったく隙間がありません!!




4) ここも同じく!!




5) ここに至っては・・ 板を押し出しちゃってマス・・・





ってことで、55cm x 40cmには収まるはずでしたが、板の厚みの分だけ内径が足りなかったようです・・・


こんなピッチピチの状態では、クッションすらつけられません!!

でも、バイオリンが当たる部分だけを削れば、良いんじゃね??

ってことで、厚み8mm から 2〜3mm ずつ、それぞれあたる部分を削ってみました。
(5mmの板にすればよかったのかな・・)


お店に頼めば良かったのかもだけど、
がんばって、彫刻刀でコリコリシュッシュと、ひたすら削る


ある程度削ったら、バイオリンを入れて、また削るを繰り返し、
なんとか入るよーになりました。


よーやく入るようになったので、削った個所やすりをかけて
やわらかいスポンジを両面テープで張り付けてクッションにして
組み立てに入ります





6) お尻の方はこうなりました





7) うずまきの方はこうなりました






8) 入れてみたら、ぴったし♪





9) 削り跡がハッキリ・・・





10) 上から見ると結構削れてるのがわかる





11) あご当て側も






12) クッションが役に立ってるの・・かな




13) うずまきの方も





14) うずまき上から







なーんとか、ケースとして使えそうな感じがしてきました

とくに固定用の何かを付けなくても、すでにピッチピチで、
まったく動かないから、いらないかな

クッションがないと、出し入れすら厳しい状態だし



このじょうたい、ケースへの衝撃が
ほぼそのままバイオリンにつたわるってことになるのかな


サイド側はもうクッションスペースないけど、
上下でなんとかカバーするようにしないと・・



ま、とりあえず、釘打ちして組み立て実行
フタの側も組み立てて、蝶番をくっつける





15) 蝶番をつけると、こんな感じ







16) ちょうつがい部分







17) 閉めるとこんな感じ







ちょうつがいの機構?の分だけ、ふたとの間にスキマができちゃってます


今度はこのすき間に、ドアとか窓とかのすき間に使うDIY用品
・・名前は知りませんが、スポンジ状のアレです
を使って、スキマを塞ぎます


テープで張っていくスポンジ状の、アレ
どうやら買ってきたものは防音効果もあるらしいけど、意味ないですな


18) ぐるっと全部に貼るとこんな感じ




縁の部分が全部スポンジ状のアレで覆われました。



19) ちょうつがい部分のすき間もぴっちり






20) もちろん、前側もぴっちり閉じてます







一応、フタ部分にもバイオリンを抑える形でのクッションを追加
さらに、ボディの下にも、あたる部分だけクッションを追加


21) クッション追加後







22) 駒 の部分にもクッションを追加、ふたを閉じたらこーなるはず







23) バイオリンを入れて、完成〜







24) 完成写真








ふたの留め金とか、持ち手とかは・・まだ構想中

まぁ、ブックバンド? みたいにしてもよいかな
留め金にもなるし





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

全部で
・ 木材(加工費込)   3900
・クギ(19mm)    100 
・ステンレス蝶番     300
・サンドペーパー     800
・スポンジ状のテープ   550
・スポンジ状のいろいろ  770
−−−−−−−−−−−−−−−−−
6420


かかりました・・・
けっこうなお値段になっちゃったな・・・


これで、ホントに飛行機に乗れるのか
バイオリンは気圧やら湿度やら温度やらの急変に耐えてくれるのか

やってみないと、ですよね



ホントに使えたら、またレポートいたします


 
まこ | 旅行 | 07:42 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 07:42 | - | - |
Comment
バイオリンの機内持ち込みケースを、毎回予約して毎回ANAで借りてました。ただです。
あちらのカウンターで詰め替えて自分のケースは預けてました。
この箱いいですね。

posted by ばいおりりん ,2012/03/23 6:16 AM

裁判員の参加する刑事裁判に関する法律第16条第8号に規定するやむを得ない事由を定める政令
の 6 に該当

http://hourei.hounavi.jp/hourei/H20/H20SE003.php


裁判員の参加する刑事裁判に関する法律
http://hourei.hounavi.jp/hourei/H16/H16HO063.php

posted by abc ,2011/11/17 12:47 AM

http://www.ogihouritu.jp/saibanin2.htm

裁判員痛血北

posted by abc ,2011/11/17 12:17 AM










Trackback
URL: