06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
PROFILE
SEARCH
RECENT COMMENT
  • 【情報】Excel で スクレイピング 【ぶっこ抜き】
    縫部尚登 (06/17)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/05)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    まこ (05/05)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/04)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/04)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/04)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/03)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    まこ (05/03)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/03)
  • エクセルファイルのパスワードを忘れたら・・・
    里奈 (09/09)
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 【外から】ひかり電話 + OpenVPN + dyndns on Puppy Linux【内に】 | top | エクセルファイルのパスワードを忘れたら・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
【MODx】XAMPP + Eclipse + ZendDebugger で MODxの内部探検【ハック】
XAMPP な環境に MODX をインストールして、前回作成したPDT(Eclipse+ZendDebugger)な環境で MODX の内部動作を覗き見る手順です

MODX をハックして、自作 スニペット とかをデバッグできるように、なるハズ

 
以下は環境の作成は前回の手順でXAMPP環境構築まで済んでいる前提の手順です

環境はUSBメモリ(ドライブ P になっている)に作成します


■事前準備

まずはちゃんとサーバが起動すること



次にEclipseを起動して、ワークスペースとプロジェクトの作成をば






ワークスペースは ../xampp に設定 (p:¥xampp が実体)



ようこそが開いたら



ファイル -> 新規 -> PHPプロジェクト を起動



プロジェクト名に htdocs と入力して [完了]ボタンを押す
(JavaScriptサポートも一応いれてあります)



右下で〜〜33%などとがんばっているので、しばらく待って・・・・表示が消えたら
ウィンドウ -> ビューの表示 -> PHPエクスプローラー を起動
(以前は勝手に開いてくれたような気が・・)



開いた画面で「ようこそ」はもう要らないので バツボタンで閉じておきます




文字コードを直すため、プロジェクト −> プロパティ を開いて




文字コードを UTF-8 に設定、保存






■MODXダウンロード&インストール

MODX のサイトを開いて、最新版をダウンロードします
サイト:http://modxcms.com/download/










ダウンロードが完了したら、展開しておく







ZIP の展開が終わったら、XAMPP の htdocs フォルダにファイルを移動します






ファイルの移動が終わったらブラウザで http://localhost/ を開いてMODX をインストール



言語を日本語に設定して



「新規インストール」




設定画面では以下のように操作
データベースホスト名: localhost
データベース接続ログイン名: root
データベース接続パスワード:

-> ここをクリックすると〜〜〜  をクリック





データベース名: modx
Tableプレフィックス: modx_
接続時の文字セットの扱い: SET_CHARACTER_SET
照合順序: utf8_general_ci

-> ここをクリックして〜〜〜  をクリック





アカウントを設定して、言語を日本語にして[次へ]






インストールオプションは・・とりあえず WebLogin 以外は全て解除
まず、「全ての選択を解除する」を押して、スニペット「WebLogin」のみをチェックしてインストール







すべての項目が「問題なし」であることを確認して




ライセンスに同意してインストール




インストールの正常終了を確認




MODxの管理画面にログインできることを確認















■MODxハック

起動しっぱなしの Eclipse から、インストールした MODx ソースがみれるように状態を更新する
画面左端の htdocs を右クリックして「リフレッシュ」を起動






キチンと更新されたか、htdocs を開いて assets や manager が存在することを確認




次に内部の動作をみるため、index.php を選択して




$modx->executeParser(); の行を選択して、ブレークポイントを仕掛ける






デバッグに入るために 実行 -> デバッグの構成 を開いて




PHP Webページを右クリックして 新規 を選択



開いたデバッグ構成画面で「参照」ボタンを押して index.php を選択






URL の自動生成のチェックをハズして、URLが index.php になるように編集し、デバッグボタンを押す



デバッグのパースペクティブはいつも開くように設定して



デバッグに入る



最初は1行目でストップしているので、F7を押してブレークポイントまで実行するか
F6を押して行毎に実行するか
F5を押して、呼び出し内部まで進入してデバッグするかして
MODx の内部動作を ハックしてください

下の画像は変数タブを右端に移動して、$modx->dbConfig の中をのぞいている様子です





こんな感じでMODxの内部動作を確認できます
行実行していくと、このタイミングでチャンク呼び出してるのかぁ〜とか
スニペットはこうやってるんだぁ〜〜〜
などなど、結構楽しめます



次回は スニペット WebLogin をハックしてみようかと思います



MODxって、使えるようになるまでのハードルがちと高いようですが、使えるようになると非常に自由に柔軟に何でもできて、もう他のCMSには移りたくなくなっちゃいます

海外製なので?日本の携帯サイトをやろうとしても専用スニペットが出回ってなかったりしますが、ハックもカンタンにできるのでそのうち携帯の自動振り分けとか携帯電話のセッション管理処理も掲載しようかなと思います




 
まこ | 開発 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 20:06 | - | - |
Comment









Trackback
URL: