06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
PROFILE
SEARCH
RECENT COMMENT
  • 【情報】Excel で スクレイピング 【ぶっこ抜き】
    縫部尚登 (06/17)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/05)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    まこ (05/05)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/04)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/04)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/04)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/03)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    まこ (05/03)
  • 【QUICKFIX】 FX自動売買への道 18 【通貨ペアの取得(SecurityListRequest)】
    ganponfx (05/03)
  • エクセルファイルのパスワードを忘れたら・・・
    里奈 (09/09)
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 【暗号】Puppy Linux + OpenVPN【通信】 | top | 【外から】ひかり電話 + OpenVPN + dyndns on Puppy Linux【内に】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
【カンタン】Excel + MySQL 【データベース接続】
Excel から MySQL へ直接接続して、データを取り込む方法です
ちょっとマクロを作れば、好きなデータだけを取り出したり、更新したりも可能になるとです

マクロ版はコチラ 

Excel から MySQL への接続にはODBCを利用します
ODBCとは・・ wiki )


材料
Excel   (例では Excel 2002 を利用しています)
MySQL  (xampp の環境を利用しています)
MySQL ODBC ドライバ


以下は Excel と、MySQL についてはインストール済みの前提での手順です
MySQLの環境については コチラ を参考にしてください


手順1 : MySQL ODBC ドライバのダウンロード 

MySQL のサイトから、Windows版の ODBCドライバをダウンロードします
サイト: http://dev.mysql.com/downloads/connector/odbc/5.1.html

●サイトを開いて、Windows版の 「 Pick a mirror 」を選択



●開いた画面の下のほうの ダウンロードリンクを選択



● 日本のサイトから HTTP でダウンロード(FTPでも国外でもおんなじです・・)



●デスクトップなど、適当な場所に保存してください






手順2 : MySQL ODBC ドライバのインストール 

ダウンロードした MySQL ODBC ドライバをインストールします

●ダウンロードしたファイルをダブルクリックで起動して、デフォルトのままインストール














手順3 : MySQL ODBC の設定

インストールした MySQL ODBC を利用するための設定を行います

●コントロールパネルを開き、管理ツールの「 データ ソース (ODBC) 」を開く



●開いた ODBC データソース アドミニストレータ の「システムDSN」タブを選択して、「追加」ボタンを押す




●リストの下のほうにある「MySQL ODBC 5.1 Driver」を選択して、完了ボタンを押す



●MySQL の接続設定画面が開くので、Server、User、Password を入力する
・Name は適当に分かる名前をつけておいてください
・xampp環境の場合は server を localhost
・xampp環境の場合は user を root
・xampp環境の場合は password を 空欄 にしてください
  (いずれもデフォルト設定のままの場合)



●ODBCの設定が正しいか 「Test」 ボタンを押して接続できるか確認してください
successful のダイアログ画面がでればOKです
出ない場合は、設定がおかしいか、MySQLサーバが起動していないと思われます
xampp 環境の場合は、xampp コントロールパネルからMySQLを起動してから確認してください




●接続確認がとれたら、「 OK 」ボタンを押して、設定を保存してください




手順4 : Excel から MySQL への接続確認

設定したODBCを利用して、Excel から MySQL へ接続できるかを確認する

●エクセルを開き データ -> 外部データの取り込み -> データの取り込み を選択



●データファイルの選択画面で 「新しいソース」 ボタンを押す



●データ接続ウィザードが開くので、一覧から ODBC DSN を選択して 「次へ」 ボタンを押す 



●開いた画面の一覧から、手順3で作成した名前(例では MySQL)を選択して 「次へ」 ボタンを押す



●MySQLと接続できれば、データベースとテーブルの選択画面が開くので、適当なデータベースとテーブルを選択して、「次へ」 ボタンを押す 
( 接続確認なので、どれでもよい・・ )
例ではデータベースにxamppに最初から含まれている「mysql」の「db」テーブルを選択している



●選択したデータベースとテーブルへの接続設定をファイルとして保存するので、ファイル名を確認して 「完了」 ボタンを押す



●保存設定したファイルが選択されているハズなので、確認して 「開く」 ボタンを押す



●Excel へMySQLから取り出したデータの流し込み方を聞いてくるので、とりあえず「新規ワークシート」を選択して 「 OK 」 ボタンを押す



●新規のワークシートが追加されて、MySQLからのデータが入力されていることを確認する






以上
MySQL のデータを Excel に取り込むことに成功しました

 

この手順ではデータをまるまる取り出すだけですが、ちょっとマクロを組めば、複数テーブルを連結して欲しいデータだけを取り出すこともSQLでカンタンにできちゃいますし、MySQLの更新もできます

DELETE、INSERT のマクロを組んでおけば、開発中の動作確認時など、Excelのボタンを押せばいつでもデータベースを初期状態に戻して試験、なんて使い方も手軽にできたりしますかね


ODBCを利用しているので、データベースがOracleでもPostgreSQLでも同じ要領で接続できちゃいます
ExcelでなくてパワポでもワードでもOKです


 
まこ | 開発 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 22:20 | - | - |
Comment









Trackback
URL: